本田圭佑 蘭1部フィテッセ加入 今季終了までの契約締結

[ 2019年11月7日 05:30 ]

本田圭佑
Photo By スポニチ

 元日本代表MF本田圭佑(33)が10月31日から練習参加していたオランダ1部フィテッセに加入することが決まった。6日、クラブが今季終了までの契約締結を発表。本田は同日に自身のツイッターに「プレイするクラブ決めました!」と記した。

 クラブによると、本田は労働許可証を申請中で、出場できるのは国際Aマッチ期間明けになる見通し。デビューは早ければ24日のスパルタ戦となる。また、今後も実質監督を務めるカンボジア代表の指導を続ける。

 5月にオーストラリアのメルボルンVを退団。オーバーエージ枠での東京五輪出場を目標に掲げ、2年ぶりの欧州復帰を目指していた。しかし所属先が決まらない状態が続き、9月にはマンチェスターU、古巣のACミランへツイッターで異例の“公開逆オファー”を行っていた。本田にとってフィテッセは名古屋時代の07年夏に欧州から一番最初にオファーをくれたクラブ。08~09年のVVVフェンロ以来、約10年ぶりのオランダ1部から東京五輪出場を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月7日のニュース