G大阪・倉田 “バットマン”スタイルで練習に部分合流

[ 2019年11月7日 05:30 ]

 G大阪のMF倉田が負傷後初めて、練習に部分合流した。10月19日の川崎F戦で相手と接触して脳振とうと左頬骨骨折と診断。公開練習ではフェースガードを付ける“バットマン”スタイルでプレーし「(フェースガードも)感覚を磨くトレーニングになってます」と久々のピッチの感触を楽しんだ。

 今季中にも復帰できるが「焦りたくはない。まだ様子見」と慎重な姿勢。まずは残留決定の可能性がある10日の大分戦での勝利を願った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月7日のニュース