森保監督 負傷大迫の招集見送り…ライバル台頭に期待「出番を待っている選手がいる」

[ 2019年9月22日 05:30 ]

ブレーメンの日本代表FW大迫
Photo By スポニチ

 日本代表の森保監督が太腿を負傷したブレーメンのFW大迫について、10月のW杯アジア2次予選での招集を見送る方針を明らかにした。

 21日に関東大学リーグを視察した際に取材に応じ、「(招集は)厳しいと思う」と話した。大迫は18日の練習中に負傷し、クラブは全治4~6週間と発表。「回復してもらい、また代表に来てもらえるように待ちたい」と思いやった。また、「他にも自分の出番を待っている選手がいると思う」とライバルの台頭にも期待した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月22日のニュース