久保建英がリーガ初アシスト!左足でピンポイントクロス 緊急出場も輝き見せた

[ 2019年9月22日 21:09 ]

スペイン1部リーグ・第5節   ヘタフェ4―2マジョルカ ( 2019年9月22日    ヘタフェ )

ヘタフェ戦の後半、シュートを放つマジョルカの久保建(右端)
Photo By 共同

 マジョルカの日本代表MF久保建英(18)がスペイン1部リーグで初アシストをマークした。

 22日のアウェーのヘタフェ戦で、ベンチスタートから前半19分に負傷選手に代わって急きょ出場。右MFに入り、終盤には左MFでもプレーした。

 劣勢だったチームを勢いづけるゴールを生んだのは0―3で迎えた後半25分。右サイドでパスを受けると、ドリブルから左足でアーリークロスを送り、FWブディミルの頭にピンポイントで合わせて得点を演出した。スペイン1部リーグ出場3試合目で初アシスト。レアル・マドリードでのプレシーズンマッチを含めて今季初めて得点に直接絡んだ。

 後半4分には右サイドから、同30分には中央からFKのキッカーも任されるなど、試合ごとに攻撃での存在感は増してきた。

 チームは2―4で敗れ、開幕戦白星以降は4戦勝ちなしとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年9月22日のニュース