ガンバ三浦主将 ファン感で決意新た「みんなと喜べるよう頑張りたい」

[ 2019年8月26日 05:00 ]

G大阪ファン感謝デーでダンスを披露する(左から)コンチャ、鈴木、高木
Photo By スポニチ

 G大阪は25日、パナスタでファン感謝デーを開催した。現在はJ1最長タイとなる5試合連続ドローで14位と苦しんでいるものの、約7300人のサポーターが集まり、選手たちと時間を共有。締めのあいさつを任された主将のDF三浦は「なかなかホームで勝ちきれない、もどかしい試合が続いていますが、今度はみんなと一緒に喜べるように頑張りたい」と決意を語り、拍手を送られた。

 前節鹿島戦で復帰後初先発を飾り、好パフォーマンスを披露したMF井手口も思いは同じだ。「今はサポーターの皆さんに悔しい気持ちにさせてしまっているけど、また皆さんと喜べるようにしたい。個人としてもチームとしても調子を上げていきたい」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月26日のニュース