湘南 練習再開も急きょ非公開に…チョウ・キジェ監督に代わり高橋コーチが指揮

[ 2019年8月13日 14:26 ]

練習後、報道陣に囲まれる湘南・斎藤
Photo By スポニチ

 湘南は13日、練習を再開したが、選手やスタッフに対してパワハラとも取れる言動があったとされJリーグが調査に乗り出しているチョウ・キジェ監督(50)は練習の指揮を執らず、高橋健二コーチ(49)が指揮を執った。クラブによるとチョウ監督はJリーグの調査が終わるまでは練習も試合も一切関わらない。

 選手が練習に集中させるために急きょ今週はすべて非公開練習に変更された。約1時間40分で終了したが、練習前に真壁潔会長と水谷尚人社長から選手に経緯が説明されたという。

 練習を終えた選手も大半はコメントしなかったが、その中で斎藤未月(20)は「こういうことがあったという説明だけで、詳しい話はない。いままでチョウさんに依存していると言われていたところはあるし、昨年ウメさん(梅崎)が来て僕自身も考えることが多くなった。そういう意味じゃ何も恐れることはないし、試合はやってくるので僕たちのやるべきことはサッカーをすること。それが仕事。ユースじゃないし、そこは覚悟はできている」と、話した。杉岡大暉(20)も「やることは変わらない。動揺?別に」と、答えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月13日のニュース