横浜FC・中村 “横浜ダービー”で三浦とともに先発濃厚 約19年ぶりのホットライン形成

[ 2019年8月13日 19:19 ]

練習後にファンサービスを行う中村俊輔。“横浜ダービー”では先発が濃厚
Photo By スポニチ

 J2横浜FCは13日、横浜市内で天皇杯3回戦の横浜戦(14日=ニッパツ)に向けた練習を一部非公開で行った。

 “横浜ダービー”では、FW三浦知良(52)とMF中村俊輔(41)がともに先発濃厚だ。2人が同じユニホームを着てピッチに立つのは、日本代表として戦った00年6月6日のジャマイカ戦以来19年ぶり。4―0で勝ったその試合では、後半33分に中村が起点となってカズが代表での最後の55ゴール目を決めている。

 横浜戦では約19年ぶりのホットライン形成と、J1上位の大物食いに期待がかかる。パスの出し手となる中村は「あんまり動かなくていい。相手が動いているので、ズレを作るために止まっていた方が(スルーパスを)出せたりする」と前線に要求した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月13日のニュース