冨安 絶妙ロングパスで“令和初ゴール”をお膳立て

[ 2019年6月10日 05:30 ]

国際親善試合   日本2-0エルサルバドル ( 2019年6月9日    ひとめS )

<日本・エルサルバドル>ボールを競る冨安(左)(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 DF冨安が“令和初ゴール”をお膳立てした。

 前半19分、DFラインの裏へロングパスを通し、永井の先制点につなげた。親善試合2試合はいずれも3バックの右でプレーし、「3バックで長い時間やれたのは今後につながる」と手応えを口にした。南米選手権の代表にも選出されており「自分にとってもチームにとっても、良い環境になると思う。どんどんチャレンジしたい」と強豪から多くを学ぶ考えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年6月10日のニュース