FC東京 久保が豪快ボレーで決勝弾!「気付いたら入ってた」チョコプラとTTポーズも決めた

[ 2019年5月12日 16:25 ]

明治安田生命J1第11節   FC東京1―0磐田 ( 2019年5月12日    味スタ )

<FC東京・磐田>決勝ゴールのFC東京・久保建がチョコレートプラネットと「Tポーズ」をする(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 明治安田生命J1第11節最終日の7試合が12日、各地で行われ、FC東京はMF久保建英(17)が今季リーグ戦初ゴールとなる決勝点を決めて磐田に1―0で勝利。開幕から11試合無敗で勝ち点を27に伸ばし、首位をキープした。

 久保は0―0で迎えた後半39分、太田の左CKの流れから、クリアボールに反応して左足ダイレクトで豪快なシュート。美しい軌道を描いたボレーシュートはゴール右隅に決まり、待望の今季リーグ戦初ゴールとなった。

 試合はそのままFC東京が1―0で勝利。アディショナルタイムにピッチを退いた久保は試合後、ヒーローインタビューに応えると「終盤まで0―0で、今日もこのまま終わってしまうのかと一瞬思ったんですけど。誰かが何とかしなきゃいけなかったんで、その誰かが自分であったことが非常にうれしく思います」と冷静にコメント。「(CKのこぼれ球で)すごくちょうどいいボールが来て、後はあんまり覚えていないですけど、気付いたら入ってました」とゴールの場面を振り返った。

 ゴール後は、スペシャルゲストとして来場したお笑いコンビ「チョコレートプラネット」に向けて笑顔で「TT」ポーズを決めたが、「今日決めて、せっかく見に来てもらってるんで、いいパフォーマンスができたらなと思いました」。

 「チームの勝利にゴールで貢献できたので、それが全てかなと思います」と試合でのパフォーマンスを振り返り、「このまま無敗で、いつまでもいつまでも無敗でリーグを終われるように、みんな一丸となって盛り上げましょう」とホームに詰めかけたサポーターに呼び掛けた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年5月12日のニュース