PR:

ハリルホジッチ監督、ナントびっくり!?降格圏から4連勝 躍進のウラに“日本式ルール”

フランス1部   ナント5―0ギャンガン ( 2018年11月4日 )

ハリルホジッチ氏
Photo By スポニチ

 フランス1部ナントのバヒド・ハリルホジッチ新監督(66)が、低迷していた名門をV字回復に導いた。4日、ホームでギャンガンに5―0と大勝し公式戦4連勝。リーグ戦は3連勝で、就任時の降格圏19位から10位まで浮上した。先月2日から現役時代にプレーした古巣を率いる元日本代表指揮官は、復調の鍵は“日本化”と明かした。

 「正直言って、全く予想していなかった」。ナントの5―0大勝といううれしい想定外に、ハリルホジッチ監督から笑みがこぼれた。

 0―3で大敗した初陣のボルドー戦後、公式戦連勝を4に伸ばした。連勝中に14点を奪った一方で失点は1のみ。圧倒的な結果を導き出したキーワードは「日本化」という。15年から今年4月まで日本代表を率いた指揮官は試合後の会見で「チームに日本的なものを取り入れている。規律を守ること、互いをリスペクトすること、時間を守ること。魔法のつえではないが、徐々に機能してきている」と説明。“日本式ルール”を導入しチームの結束力を高めた。

 ピッチにも日本の経験を注入した。連勝が始まったトゥールーズ戦で今季初出場させたのがMFジロット。16年にアンドレイの登録名でJ2京都でプレーしたブラジル人ボランチを中盤の底に起用し、守備に規律と安定が生まれた。戦術はポルトガル人のカルドソ前監督のポゼッション重視から、日本代表時代と同様、縦に速い堅守速攻に切り替えた。

 「コミュニケーション不足」と批判された日本時代の反省も生かされている。「各選手に攻守における役割を説明した」と対話を重視。中でも熱心なマンツーマン指導で復調させたのが、アルゼンチン人FWサラだ。現役時代にナントで2度リーグ得点王に輝いたハリルホジッチ監督は「中盤ではワンタッチのみ。ゴール前の仕事に集中しろ」などと助言。トゥールーズ戦の3得点を皮切りに公式戦4戦連続の計7ゴールという大活躍につながった。

 DFカルロスは「監督の練習は気に入っている。精神面も、プレーも、インテンシティー(強度)も変わった」と証言。地元メディアで「ボスニアン・ウィザード(魔術師)」と称されるなど、手腕に対する評価は高まっている。それでも、指揮官自身は「謙虚であり続けなければならない。選手も分かっていると思う」と勝ってかぶとの緒を締めた。

[ 2018年11月6日 11:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月17日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム