鳥栖 契約解除のフィッカデンティ前監督 本人の希望でファンにあいさつ「絶対に残留できる」

[ 2018年10月18日 21:52 ]

サポーターに最後のあいさつをしたフィッカデンティ元監督
Photo By スポニチ

 J1鳥栖で18日、サポーターミーティングが行われ、解任協議が続いていたマッシモ・フィッカデンティ前監督(50)とクラブ側がこの日、契約解除で合意したことが発表され、本人の希望でファンの前に姿を現した。

 大きな拍手で迎えられた前指揮官は「残念ながらチームを去るが、3年間、キャリアの中で素晴らしい時間だった」と感謝。協議の中でもう一度監督に戻るという話も出たというが「自分が離れるほうがチームにとっていい成績につながると思った」と退任への決断を話し「鳥栖は絶対に残留できる」とエールを送った。別のポジションでの登用も検討されたが、フィッカデンティ前監督はクラブから完全に去ることが決まったという。

 前監督の解任を受け、金明輝コーチ(37)の監督就任が発表された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年10月18日のニュース