G大阪・藤本 全2得点に絡むも「意味がない」

[ 2018年8月5日 21:50 ]

明治安田生命J1第20節   G大阪2-3名古屋 ( 2018年8月5日    豊田スタ )

 やるせない表情を浮かべた。元日本代表MF藤本淳吾(34)は全2得点に絡む活躍を見せながら、まさかの大逆転負け。「勝たないと意味がない」。言葉に力がなかった。

 前半23分にエリア内にドリブル侵入。PKを誘発した。37分には左サイドからのクロスを合わせて今季2得点目となる追加点。卓越した技術で攻撃を操った。ただチームの重心が下がると同時に藤本自身の良さも失われていった。「後半は何もしていない。もう少し起点になって、DFラインを上げる時間を作ってあげたかった」。宮本恒靖監督(41)に就任後初勝利をプレゼントできず、最後まで反省の弁が口を突いた。 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年8月5日のニュース