浅野拓磨 アーセナルからハノーバーへ期限付き移籍「ファンをハッピーにしたい」

[ 2018年5月23日 19:57 ]

浅野拓磨
Photo By スポニチ

 ドイツ1部ハノーバーは23日、日本代表FW浅野拓磨(23)をイングランド・プレミアリーグのアーセナルから19年6月30日までの期限付きで獲得したと発表した。

 ブライテンライター監督は「タクマは複数の役割をこなせる攻撃的選手。スピードと運動量をもたらしてくれるし、強い精神力も持ち合わせている。素晴らしいポテンシャルがあると確信している」と期待を寄せた。浅野はクラブを通じて「ハノーバーに来られて嬉しい。全力でプレーして、クラブの信頼に応えたいし、ファンをハッピーにしたい」と意気込みを語った。

 浅野は16年夏にJ1広島からプレミアリーグのアーセナルに移籍。英国の労働許可証を取得できなかったため期限付きで当時2部のシュツットガルトに移籍した。1部に昇格した今季は出番に恵まれず、リーグ戦出場15試合1得点に終わった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2018年5月23日のニュース