C大阪GK金鎮鉉 J通算300試合出場へ「ずっとやりたい」

[ 2018年3月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第4節   C大阪-神戸 ( 2018年3月18日    ノエスタ )

神戸戦で300試合出場を達成するC大阪・金鎮鉉
Photo By スポニチ

 C大阪の韓国代表GK金鎮鉉(キムジンヒョン)が偉業を打ち立てる。18日の神戸戦(ノエスタ)に向け、17日に大阪市此花区で最終調整。先発予定の守護神は、この一戦でJ1、J2通算で300試合出場を達成することになった。

 C大阪一筋で在籍10年目。同一クラブで外国籍登録の選手が300試合に到達するのは史上初となる。それでも「まだ300。楢崎さん(名古屋)はもっといってますよね」と金鎮鉉。「“ずっとやりたい”というか、仲間の信頼を得て、サポーターにも示していかないといけない」と正GKの座を守り続けることを誓った。

 今季、リーグは開幕から3試合連続ドロー。波に乗り切れていないだけに「勝たないといけない」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年3月18日のニュース