24日に浦和と開幕戦 健太監督「やりたいことはやれた」仕上がりに

[ 2018年2月23日 19:25 ]

 FC東京は24日、ホームで浦和との開幕戦に臨む。G大阪で国内3冠を達成した名将・長谷川健太監督(52)を迎えた新体制での初陣。非公開での前日練習を終えた指揮官は「やりたいことはやれた。あとは気持ちの準備をしたい。ジタバタしてもしょうがない」と率直な思いを口にした。

 横浜に1―0で勝利した17日のプレシーズンマッチで開幕へ向けて最終テスト。指揮官はスタメン構想について「突拍子のないことはしない」と明言し、始動から積み上げてきた戦力、戦術でアジア王者にぶつかる構えを見せた。

 FC東京は浦和に対して直近のリーグ戦で6連敗中。指揮官は「リーグで指折りの優勝候補」と相手を警戒しながらも「一つ流れが変われば、チームはガラッと変わる」と強調。副将のDF太田宏介(30)も「良い状態で来ている。シーズンがいよいよ始まるとワクワクしている」と手応えを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年2月23日のニュース