清武、熊本キッズにW杯での躍進約束「僕は頑張るしかない」

[ 2018年1月7日 05:30 ]

熊本県益城町で小学生を対象にサッカー教室を行った清武
Photo By スポニチ

 C大阪の清武弘嗣(28)が6日、熊本地震の被災地・益城町で少年サッカー教室などを行った。清武が益城町を訪れるのは震災後2度目。自身の強い希望で多忙な合間を縫って実現させた。仮設住宅にも足を運び「自分の目で見て、まだまだ普通の生活にはほど遠いと思った。言葉にできない」と沈痛な表情で話したが「子供たちが元気で楽しそうな顔を見て、僕も力をもらえた」と笑顔を見せた。

 自身に憧れの目を向ける子供たちに「みんなに目標にしてもらえる選手にならないと」と気を引き締め「W杯で優勝とは軽々しく言えないが、そのピッチに立てるよう僕は頑張るしかない」と力強く宣言。被災地の子供たちに、W杯での活躍を約束した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年1月7日のニュース