甲府 柏からDF湯沢が加入「J1復帰に貢献出来るように」

[ 2017年12月27日 14:47 ]

 来季J2へ降格する甲府は27日、J1柏からDF湯沢聖人(24)が完全移籍で加入すると発表した。

 茨城県出身の湯沢は流通経済大付柏高、流通経済大を経て2016年に柏入り。今季はJ2京都へ期限付き移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が11試合0得点、J2が9試合0得点。今季はJ2リーグ戦9試合0得点だった。

 湯沢は甲府を通じ、「ヴァンフォーレ甲府に加入が決まりとても嬉しいです。日々の練習から勝つことにこだわりをもち、ヴァンフォーレ甲府のJ1復帰に貢献出来るように頑張ります。これから山梨の事を知り、どんどん好きになっていきたいと思っています!みなさん応援の程よろしくお願いします!」とコメント。

 柏を通じては、「僕の地元にも近く、サッカーを始めた頃から身近に感じていた柏レイソルでプレーできたことは僕の誇りです。初めてレイソルのユニフォームを着て日立台のピッチに立てた時の嬉しさ、感動は一生忘れることはないと思います。柏レイソルに関わるすべての方々には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。しかし選手として結果を出せなかったので、すごく悔しいです。この気持ちを忘れずに成長していきたいと思います。本当にありがとうございました」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年12月27日のニュース