横浜モンバエルツ監督退任 候補に前神戸監督ネルシーニョ氏ら

[ 2017年11月3日 05:30 ]

今季限りでの退任を発表した横浜モンバエルツ監督
Photo By スポニチ

 横浜は2日、エリク・モンバエルツ監督(62)が今季限りで退任すると発表した。フランス人の同監督は15年に就任、昨季はリーグ10位に終わり、今季は16勝7分け8敗の勝ち点55で5位と好位置につけ、天皇杯も準決勝に進んでいる。クラブの目標の「ACL出場とカップ戦優勝」が狙える状況だけに唐突な発表にも映るが、古川社長は「双方がこの3年間を区切りとして次のステップに進もうという結論に達した」と説明。モンバエルツ監督も「クラブだけの決断ではない。3年はちょうど良い期間」と両者が合意の上での結論であることを強調した。

 後任は未定だが、古川社長は「チームがリーグ優勝を目指しているという意味で、リーグ優勝経験者が望ましい。(監督の)国籍は問わない」と話し、年内にも決定したいとの考えを示した。Jリーグ関係者によると、前神戸監督のネルシーニョ氏、前浦和監督のミハイロ・ペトロヴィッチ氏が候補に挙がっているという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年11月3日のニュース