浦和、9人で敗れる 槙野”顔面キック”で一発レッド 3枚代え直後に那須が負傷退場

[ 2017年7月29日 16:04 ]

明治安田生命J1第19節第1日   浦和0―2札幌 ( 2017年7月29日    札幌ド )

前半、競り合う浦和・槙野(左)と札幌・都倉
Photo By 共同

 中断期間を終えた明治安田生命J1リーグが29日再開され、レッドカードと負傷退場で長時間9人での戦いとなった前節8位の浦和は同15位の札幌に0―2で敗れて2連敗を喫した。

 札幌は前半32分、DF福森がキッカーを務めた左CKをFW都倉が浦和DF槙野との競り合いを制して頭で決め、先制。その後、都倉と槙野の接触プレーから両チームが一触即発状態になった同39分には都倉に佐藤隆治主審からイエローカードが提示される一方で、槙野にはレッドカードが出されて一発退場となった。

 問題の場面では槙野が都倉の体に後方から手をかけて引き倒し、もつれ合った2人がピッチに倒れた後、立ち上がる際に槙野の左足が都倉の顔面を直撃。審判団が集まって協議した後で主審に呼ばれた都倉と槙野は促されて握手を交わしたが、都倉のイエローカードに続いて槙野にはレッドカードが提示された。

 前半からロスタイムが5分も掲示される展開となった試合は札幌の1点リードで折り返し。槙野の退場で1人少ない人数での戦いとなった浦和のペトロヴィッチ監督は「なかなか難しい状態ではあるが、全員で戦って逆転するしかない」と話して入った後半開始からDF森脇に代えてDF那須、MF武藤に代えてMF宇賀神、FW李に代えてFWズラタンと異例の一挙”3枚代え”で反撃に出た。

 だが、直後の後半4分、札幌の右CKで守備に入った那須が相手との競り合いから着地した際に足を痛めて担架で退場。途中出場からわずか4分で那須を欠くことになった浦和は2人少ない9人での戦いを長時間強いられる形となり、その後攻め込む時間帯もあったが、後半43分にはかつて浦和の人気選手だったMF小野の右クロスをFWジェイに頭で決められ2点差で敗れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2017年7月29日のニュース