長友、イラク戦に間に合った!先発出場にメド、主力組練習復帰

[ 2017年6月13日 05:30 ]

W杯アジア最終予選B組   日本―イラク ( 2017年6月13日    イラン・テヘラン )

アップをする(左から)原口、長友、吉田、浅野
Photo By スポニチ

 右内転筋に張りのある日本代表DF長友が、イラク戦に間に合った。テヘラン入り後初練習の9日に痛みを訴えて切り上げ、10日は別メニュー調整を強いられた。合流した11日の実戦練習では主力組の左サイドバックに入ったもようで、出場にメドが立った。

 フル出場した7日のシリア戦では、左クロスで今野の同点ゴールを演出。1年ぶりのアシストをマークし、手応えを得た。「後ろでサポートする人間として、前線が生きやすい動きを僕がしてあげないといけない。僕自身も生きるようなポジショニングを取ってもらうことも大事」。香川という司令塔が不在の中、重要となるサイド攻撃をけん引する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2017年6月13日のニュース