浦和 ACL決勝T第1戦で黒星 1トップのズラタン精彩欠き零敗

[ 2017年5月24日 16:52 ]

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、ホーム&アウェー方式の決勝トーナメント1回戦第1戦を行い、1次リーグをF組首位で通過した浦和はアウェーでH組2位の済州(韓国)と対戦。ナイター設備がないためデーゲームとなった1戦を0―2で落とした。

 前半7分、済州は右クロスをフリーのマルセロが打点の高いヘディングで決めて先制。浦和は森脇が競ることができずに先制点を許すと、3―4―2―1システムの1トップで先発したズラタンが前半から再三のチャンスがありながら決められず。ペトロヴィッチ監督は後半13分に関根に代えて駒井、26分に武藤に代えて李、37分に宇賀神に代えて高木と次々に攻撃的な選手を投入したが、ロスタイム突入後の後半47分に追加点を許し、敗戦となった。

 浦和はホーム・埼玉スタジアムでの開催となる31日の第2戦では午後7時半から済州と対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年5月24日のニュース