U―20代表帰国 4戦2得点の15歳MF久保「少し自信ついた」

[ 2017年3月29日 15:46 ]

ドイツ遠征から帰国後、報道陣の取材に答える久保
Photo By スポニチ

 U―20日本代表が29日、ドイツ遠征から羽田空港着の航空機で帰国した。遠征中には4試合を敢行。U―20ドイツ代表に1―2で敗れたほかは、地元クラブなどに3勝した。全4試合(先発は1試合)に出場し2得点を挙げた15歳のMF久保建英(FC東京U―18)は「今回の遠征で少し自信もついたし、やれない相手ではないと感じた」と海外勢との対戦に手応えを感じた様子だった。

 チームは今後、4月17、18日に国内で練習試合を含むトレーニングキャンプを行う。そして5月初旬にU―20W杯韓国大会(5月20日〜6月11日)のメンバーが発表される予定だ。内山監督から「(実力は)予想していた通り。自分のことも味方のことも良く分かっている。前線でよくチャンスメークしてくれる。能力は高い」と評価された久保は「もし選ればれたら100%の力を出してチームの勝利に少しでも貢献したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月29日のニュース