ベトナム代表 三浦監督を解任…U23では五輪出場逃す

[ 2016年1月29日 05:30 ]

ベトナム代表監督を解任された三浦俊也氏

 ベトナム協会は28日、成績不振を理由に同国A代表とU―23代表の三浦俊也監督(52)を解任すると発表した。

 U―23ベトナム代表はU―23アジア選手権に出場していたが、1次リーグD組で3連敗の最下位で五輪出場権を逃した。A代表はW杯アジア2次予選のF組3位で、最終予選進出が厳しい状況。J1の甲府、神戸などで監督経験のある三浦氏は、14年5月に2年契約でベトナム代表監督に就任。ロイター通信は「日本人監督は厳しすぎてクビになった」と、代表期間中に選手が負傷、疲弊するとしてクラブ側から不満が出ていたと報じた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年1月29日のニュース