大久保5年ぶり退場 次節出場停止で得点王に不安残す

[ 2015年10月25日 05:30 ]

<川崎F・横浜>後半ロスタイム、川崎F・大久保(左)が2枚目のイエローカードにもらい退場処分に

J1第2S第15節 川崎F0―1横浜

(10月24日 等々力)
 川崎FのFW大久保が5年ぶりに退場処分を受けた。0―1の後半ロスタイム、中盤でドリブルしていた際に相手MFアデミウソンに倒されると起き上がった際に手が相手選手に当たったとみなされ、両選手にイエローカード。前半11分にも警告を受けた大久保は退場になった。

 納得がいかないストライカーは「あれでイエローなら何もできない。あり得ない」と吐き捨てた。得点王争いで2位・宇佐美(G大阪)に3差をつけるが、次節出場停止で残り1試合の大久保に対し宇佐美は3試合。不安が募る状況となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年10月25日のニュース