川崎F FW小林が右膝内視鏡手術へ「第2Sまでには復帰したい」

[ 2015年5月9日 14:47 ]

 J1川崎FのFW小林悠(27)が11日に内視鏡による右膝の手術を受けることになった。

 小林は、6日に行われたJ1第1ステージ第10節・広島戦(等々力)の試合前に行われたウォーミングアップ中に右ひざの痛みを訴えて急きょ先発を回避。8日に精密検査を受けた結果、半月板の損傷の疑いが浮上した。

 そのため、内視鏡でさらに詳しく検査し、状況を見て患部のクリーニングなどの処置を受けることになった。

 小林は「今後のサッカー人生を考えてそうすることにした。内視鏡をやってみないと分からないが、第2ステージまでには復帰したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2015年5月9日のニュース