元U―17W杯戦士のGK嘉味田が復帰 関西1部の和歌山入り

[ 2015年4月30日 13:48 ]

 G大阪のFW宇佐美らとともに09年のU―17ワールドカップ(W杯)ナイジェリア大会に出場したGK嘉味田隼(23)が関西リーグ1部のアルテリーヴォ和歌山に加入したことが30日、分かった。クラブが同日、発表した。背番号は1に決まった。

 嘉味田は和歌山県出身で、身長1メートル84、体重83キロ。神戸U―18(ユース)時代に背番号1をつけた正GKとして09年のU―17W杯に出場した“プラチナ世代”の1人で、10年に神戸のトップチームへ昇格し、当時J2だった鳥取在籍時の13年2月に家庭の事情でチームを離れ、同年を最後に退団していた。

 クラブを通じ、「初めまして、この度アルテリーヴォ和歌山に入団することになりました嘉味田隼です。地元和歌山でもう一度サッカーが出来る喜びをかみしめながら精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします」とコメントしている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年4月30日のニュース