G大阪 ACL黒星発進 初出場の広州富力にホームで完敗

[ 2015年2月24日 20:53 ]

<G大阪・広州富力>前半、GKと交錯し倒れるパトリック

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、各地で1次リーグの初戦を行い、F組で昨季国内3冠のG大阪はホーム万博で初出場の広州富力(中国)と対戦。0―2で敗れた。

 前半10分、ミスからハーフウエーライン付近でボールを奪われると、ドリブルで切り込んだFWハムダラーを4人掛かりでも止められず、先制ゴールを許した。

 後半23分にはパトリックがノーマークからヘディングシュートを放つ場面もあったが、相手GKの好守にはばまれた。36分、ペナルティエリア正面から広州富力のMFワン・ソンが放ったFKが壁に当たり軌道が変わってゴール右隅へ。厳しい時間帯に2失点目を喫した。

 G大阪は12年以来3年ぶりの出場。3年前も万博で開幕戦を迎えたが、浦項(韓国)に0―3で完敗。2大会連続で黒星スタートとなった。

 ▼広州富力・コントラ監督 きょうは運良く、最強チームに勝てて良かった。前半に1点を取った後もきめ細かい守備ができ、後半に反撃することもできた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年2月24日のニュース