ミラン 日本企業とのスポンサー契約で14億円ゲット?「本田を最大限に生かす」

[ 2014年1月9日 06:47 ]

ACミランの練習場前で本田圭佑の到着を待つサポーター

本田圭佑 ACミラン入団会見

 ACミランが本田獲得により、商業面で早くも大きなメリットを得たことが判明した。

 ガリアーニ副会長はスポニチの独占インタビューで「すでに複数の日本企業とスポンサーの交渉をしています」と話していたが、同氏に近い関係者によると、ミランはイタリアの代理店を通じ、日本の大手広告代理店とクラブの日本国内のロイヤルティー独占契約を締結。スポンサー数にかかわらず、固定で年間約600万ユーロ(約8億5000万円)を手にすることが決まったという。

 8日付のコリエレ・デロ・スポルト紙もミランが今後アジア市場の開拓に力を注ぐ中で「本田の存在を最大限に生かす」と強調した。

 一部ニュースサイトも本田の手取り年俸275万ユーロ(約3億9000万円)に対し、ミランは日本企業とのスポンサー契約で1000万ユーロ(約14億円)を手に入れると報じている。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2014年1月9日のニュース