C大阪 新監督は名波氏に一本化!すでに就任要請済み

[ 2013年11月2日 06:00 ]

C大阪から来季の監督就任オファーを受けた元日本代表MFの名波氏

 C大阪が来季の新監督候補を元日本代表の名波浩氏(40)に一本化したことが1日、明らかになった。クラブ関係者によると、すでに名波氏に監督就任要請を済ませており、近日中にも直接交渉する予定になっているという。その場で年俸などの条件面や新体制の組閣、来季の戦力構想などが話し合われるもよう。同氏から受諾を得られれば、晴れて名波新監督が誕生することになる。

 今季限りで退任するレヴィー・クルピ監督の後任について、この日、大阪市内のクラブ事務所で対応した岡野社長は「何も申し上げることはございません」と話すにとどまった。ただ、新たに強化部長に就任する元日本代表の勝矢寿延氏(現スカウト統括責任者)の下、来季に向けた選手補強などさまざまなプランが練られ、コーチ陣も一新して14年の新シーズンに向かうことになる。

 今季は残り4試合で現在5位。首位・横浜とは勝ち点9差で逆転優勝は厳しい。現場は目の前の戦いに集中する一方で、フロントは「名波セレッソ」誕生へ、水面下で着々と動いていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2013年11月2日のニュース