新潟、J1残留確定!川又ハットで視察ザックに代表入りアピール

[ 2013年10月27日 15:24 ]

<新潟・湘南>後半18分、2ゴール目となるPKを決める川又

J1第30節 新潟3―2湘南

(10月27日 東北電力スタジアム)
 新潟のFW川又堅碁(24)が“御前試合”の湘南戦でハットトリックを決め、チームのJ1残留を決めた。

 前半12分、後半18分とPKを決めると、後半27分には自らのボール奪取から味方も使ってゴール前に攻め込み、最後は左足で押し込んで3ゴール目。自身初のシーズン20ゴールを達成し、決定力不足でストライカーを探している日本代表のザッケローニ監督の目の前で強烈なアピールとなった。

 昨季は期限付き移籍したJ2岡山でリーグ3位の18ゴールを決めてブレーク。新潟に戻った今季はカテゴリーが上がったJ1でも通用する力を見せつけた。

 それでも川又は「でも、失点したのがまずいですね」と3―0からヒヤヒヤの1点差勝利になったことを反省し、20得点到達にも「まだシーズンが終わってないので。最後までしっかりやりたいです」と控えめにコメント。

 だが、昨季は最終節で奇跡の大逆転残留を果たした新潟が、今季は残り4試合で残留決定。この“躍進”の裏に、川又のゴールがあるのは間違いない。11月に世界の強豪、オランダ、ベルギーとの2試合を控えるザックジャパン。その“切り札”に川又が指名されるのか、注目される。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年10月27日のニュース