カズに「監督は“できる”と判断して要請している」

[ 2012年9月5日 06:00 ]

 日本フットサル連盟の松崎康弘副会長が4日、J2横浜FCのFW三浦知良(45)に11月のフットサルW杯タイ大会の日本代表入りを正式要請したことに言及。

 「ミゲル・ロドリゴ監督は1人の代表選手として扱うつもり。合宿でフィットしなければ落ちることもあるかもしれないが、監督は“できる”と判断して要請している」と明かした。近日中にもロドリゴ監督と横浜FCの山口監督との会談も予定している。またカズの初合流が注目される日本代表合宿がFリーグの日程などの影響で今月中旬に変更されると発表した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2012年9月5日のニュース