最後の試合 今野「同じメンバーでもうできない それがモチベーション」

[ 2011年12月30日 08:54 ]

<FC東京・C大阪>完封勝利を飾り、祝福し合うFC東京・今野(右)とGK権田

天皇杯準決勝 FC東京1―0C大阪

(12月29日 長居)
 J2王者のFC東京がC大阪を1―0で下し、クラブ史上初の決勝進出。主将のDF今野泰幸(28)が、同じ日本代表のMF清武弘嗣(22)とのマッチアップに完勝した。
【試合結果 組み合わせ】

 決勝は史上初のJ2対決となった。G大阪への移籍が決定的な今野にとって青赤のユニホームを着て戦う最後の試合となる。

 「全く同じメンバーではもうできない。変な大会ですけど、それがモチベーションにもなっている。課題となってる2点目も決めてお祭りムードで優勝したい」。元日決戦は、FC東京の今野として臨む集大成。悲願の初Vで有終の美を飾る。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年12月30日のニュース