木村監督、電撃解任 後任候補に長谷川健太氏の名も

[ 2011年12月30日 06:00 ]

電撃解任された横浜・木村監督

天皇杯準決勝 横浜2-4京都

(12月29日 国立)
 横浜の木村和司監督(53)が29日、天皇杯準決勝のJ2京都戦に敗れて電撃解任されたことが分かった。30日にも発表される。

 京都戦は前半42分にFW渡辺が先制。後半に逆転を許したが、後半ロスタイムに途中出場のFW大黒が同点弾を決めて延長に持ち込んだ。

 だが、追加点を奪えずに延長後半に2失点。92年度以来の決勝進出がついえた。

 関係者によると、後任には樋口靖洋コーチ(50)の昇格に加え、前身の日産OBで前清水監督の長谷川健太氏(46)の名前が挙がっているという。名門復活を目指していた横浜だが、年の瀬に再び激震が走った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年12月30日のニュース