清武、号泣「僕たちのせい」…指揮官の花道飾れず

[ 2011年12月30日 06:00 ]

<FC東京・C大阪>号泣しながら引き揚げる清武

天皇杯準決勝 C大阪0-1FC東京

(12月29日 長居)
 C大阪のMF清武の飛躍を遂げた11年シーズンが幕を閉じた。今季限りで退任するクルピ監督の花道を飾れず「レヴィー(クルピ監督)にタイトルを獲らせてあげたかったけど…」。2年間指導を受けた恩師と抱き合って別れを告げた。

 攻撃の鍵を握る清武が同じ日本代表DF今野をはじめFC東京の徹底マークに封じられた。「攻撃陣が決められなかった。僕たちのせい」。準々決勝の清水戦は両軍最多のシュート5本を放って1得点1アシストを挙げたが、この日はわずかシュート1本。後半終了間際に左クロスをFW小松の頭に合わせたがGK権田の好セーブに阻まれ、直後の左CKからの好キックもFW播戸のハンドでチャンスはついえた。

 チームとU―22日本代表での活躍が認められてA代表入り。代表デビュー戦の8月10日の韓国戦から2戦連続アシストをマークするなど結果を残して定着した。「凄く充実していた」と躍進の一年を振り返り、12年に向けては「代表もある。まずはチームで結果を出して、五輪にも出られるようにやっていきたい」。ロンドン五輪、そしてA代表のW杯アジア最終予選とフル回転を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年12月30日のニュース