オリヴェイラ監督、海外流出危機…ボタフォゴ触手

[ 2011年11月23日 06:00 ]

 ブラジルのサッカー専門サイト「Futebol Interior」は、ボタフォゴが来季監督候補に鹿島のオリヴェイラ監督をリストアップしていると報じた。月給70万レアル(約3000万円)、1年契約の破格の条件を準備しているという。

 オリヴェイラ監督は鹿島で就任から5季連続でタイトルを獲得。今季限りで契約が切れるため、ボタフォゴ以外にもブラジルの複数クラブや中東のクラブなどが水面下で獲得に動いている。鹿島側は既に来季構想に関する話し合いをスタート。今週中にも正式に続投オファーを出す方針で、26日の清水戦後に本格交渉が始まる見通しだが、指揮官の去就は予断を許さない状況だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年11月23日のニュース