伊紙が長友を高評価「(得点は)半分、彼のもの」

[ 2011年9月28日 19:46 ]

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)で3―2で勝った1次リーグのCSKAモスクワ戦(27日)に先発し、得点をアシストしたインテル・ミラノのDF長友佑都について、28日付のイタリアのスポーツ各紙は高評価した。

 平均点以上の7点をつけたコリエレ・デロ・スポルトは「サイドを何度も駆け上がった」と精力的な動きを評価。6・5点のガゼッタ・デロ・スポルトは、チーム2点目となる長友のアシストについて「(得点は)半分、彼のもの」と評した。トゥット・スポルトも6・5点だった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年9月28日のニュース