松井ホームに別れ…「ありがとう」横断幕も

[ 2008年5月12日 06:00 ]

 今季限りでル・マンを退団するMF松井大輔(27)がホーム最終戦のマルセイユ戦で感動のフィナーレを迎えた。試合は0―0、松井自身も数的不利となったチーム状況に伴い、後半途中で交代の不運な巡り合わせとなったが、悔いはない。観客席に「ありがとう」の横断幕も登場し「4年間は長かったようで短かった。自分としてはこのピッチに立てたことがうれしい。サッカー人生の土台ができた」と感慨深げだった。11日に27歳となった松井は今後についての明言を避けたが、今週中にも古豪サンテチエンヌへの移籍を発表する見通し。17日の今季最終戦後には帰国し、22日開幕のキリン杯に向け、岡田ジャパンへの初合流が待っている。(ル・マン 結城麻里通信員)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2008年5月12日のニュース