惜別1発!アマラオ氏涙の引退マッチ

[ 2008年5月12日 06:00 ]

詰め掛けたサポーターにあいさつするアマラオ氏

 “キング・オブ・トーキョー”の愛称で親しまれた元FC東京のFWアマラオ氏の引退試合が11日、東京・味の素スタジアムで行われた。JFL東京ガス時代から15年間日本でプレーした同氏の功績を称えるため、Jリーグ史上初めてサポーターが主催した引退試合には、1万5591人の観客が駆けつけた。前半は東京Vのラモス常務や前園真聖氏(元東京V)らとともに「アマラオフレンズ」で、後半はFC東京OBで固めた「東京レジェンズ」でプレー。後半20分にはゴールを挙げた。試合後は「これから新たな道で頑張ります」と涙を流しながらあいさつ。将来的にはJリーグの指導者を目指す予定だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2008年5月12日のニュース