【久留米競輪 G3中野カップレース 2日目】11Rは新山響平 ライン3車の北日本勢は強力

[ 2024年6月23日 04:30 ]

格上の機動力で難敵撃破を狙う新山
Photo By スポニチ

 久留米競輪の開設75周年記念G3「第30回中野カップレース」は2日目を迎える。6~12Rで二次予選が行われる。注目の11Rは新山響平(30=青森)がパワーを見せつける。

 【11R】白星量産中、石原怖い

 ライン3車で運べる北日本トリオが本線。新山が阿部―竹山の宮城勢を背にS班のスピードを見せつける。阿部とのワンツーに期待したが、別線もなかなかの粒ぞろい。白星量産中の石原は別線の踏み合いがあれば一撃警戒。前場所の決勝に続いて緒方を目標に得た上田も好勝負だ。

 <1>阿部力也 森田君が強かった。初日は清水裕友から送られてきた自転車に乗ったけど重かった。もう1走してみる。新山君。

 <2>石原颯 踏み直しはできたが、踏み出しが甘かった気がする。練習疲れがあると思う。自力で。

 <3>上田尭弥 前回の決勝も任せた緒方君に。

 <4>掛水泰範 周回中から重くて余裕がなかった。要所要所で反応が遅れた。石原君の番手。

 <5>緒方将樹 組み立ては理想通りだったが、志田さんに完敗。後輪だけ車輪を替えてみたけど元に戻す。自力で頑張る。

 <6>梁島邦友 3カ月くらい前から練習を街道メインに戻して調子が上がっている。自力勝負。

 <7>竹山陵太 北3番手。

 <8>岸沢賢太 梁島君。

 <9>新山響平 犬伏君が強かった。あんなに車間が空いてしまうとは…。自力。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月23日のニュース