【福岡ボート 漫画アクション杯 3日目】太田和美 リズムアップへ、ここは負けられないイン戦

[ 2024年6月23日 04:30 ]

白星でリズムアップを狙う太田
Photo By スポニチ

 ボートレース福岡の「漫画アクション杯」は3日目を迎える。

 2日目9Rで池永太との初日連勝対決を制した都築正治が無傷の3連勝。3日目は6、2枠の2走。さすがに連勝は止まるとみたが、好レースを期待したい。

 初日ファン選抜組は得点率3位の白水勝也を筆頭に軒並み得点率上位につけているが、1人圏外となっているのが太田和美。12Rは今節2回目の絶好枠で登場。リズムアップを図るためにも、負けられないイン戦になる。

 【12R】現状に踏ん切りついたか

 良機良艇のセットということを考えると、太田はまだ思う状態にはなっていない。ただ、2日目の着外で現状に踏ん切りがついたはず。課題のターン回りを上向かせて主導権争いを制する。

 小池は外を止めての差し構え。まずは大阪ワンツーが本線だ。カド島川が一角崩しを狙う。大神は外全速戦から2マーク勝負。吉島、田中は道中接戦に持ち込めば入着も十分。

 <1>太田和美 伸びはいいけど何か違うね。出足がいまひとつで操作性が良くない。思ったところに行けてない。

 <2>小池哲也 行き足、伸びは良さそう。展示では全速なら出て行く感じがあった。ただ、スタートが難しい。

 <3>大神康司 リング交換で初日よりは上向いた。出足、行き足はまずまずで中堅以上になってます。

 <4>島川光男 初日よりはマシになった。出足は上向き。でも、まだ満足できる感じではないね。

 <5>吉島祥之 湿度が高い条件が合うのかも。出足だけではなく、伸びも良かった。この足をキープ。

 <6>田中辰彦 変わらずバランスが取れていいと思う。伸び負けはないし、乗り味が凄くいい。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月23日のニュース