【青森競輪・ミッドナイト 初日特選7R】地元の佐々木省司が番手勝負宣言「行かなきゃいけない」

[ 2024年4月24日 17:00 ]

番手勝負に出る佐々木省司
Photo By スポニチ

 <青森初日特選7R>青森競輪の今年の開幕戦となるミッドナイトが25日開幕する。7Rの初日特選で北日本1人となった佐々木省司(46=青森)が関東ライン4車の分断に名乗りを上げた。

 険しい表情でメンバー表を見つめた佐々木は「(番手に)行かなきゃいけない」と決意を固めた。「地元戦だし(宮下一歩の)先行1車。僕は追い込み選手。5、6番手を回っても他の選手とバッティングするだけ。ジカ競りします」と、宮下の番手で古屋琢晶と競り合うことを表明した。

 追い込み選手としてのプライドがある。「宮下君は徹底先行。(競りに行くことで)自力選手にも示しがつく」と佐々木。「古屋君は脚力があるので勝てるか分からないが頑張るだけ」と話し勝負師の顔つきになった。

 状態面については「順調に練習ができているし、疲れさえ取れていれば」と地元の開幕戦に向けて準備万端。狙った位置を取り切ることで、地元戦に懸ける意気込みを示す。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月24日のニュース