【天皇賞・春】ワープスピード 長距離合う気性、高木師「輸送は苦にしないタイプだが…」

[ 2024年4月24日 05:26 ]

 美浦で調整を進めているワープスピードは坂路入りすると、キャンター2本。高木師は「緩くてモサモサしていた面もだいぶ解消され、体を使えるようになってきた。のんびりした気性なので長距離はいいのかもしれない」と言う。

 「輸送は苦にしないタイプだが、道悪は苦にするので週末の傘マークが気になる」と京都の天気予報に顔を曇らせていた。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月24日のニュース