【福岡・どんたく特選レース】明日開幕! 豪華メンバー集結も藤森陸斗の勝負駆けに注目

[ 2024年4月24日 10:00 ]

初のA級昇級へ勝負駆けを期す藤森陸斗
Photo By 提供写真

 ボートレース福岡の3大特選レースの一つ「どんたく特選レース」が25日に開幕する。強豪福岡支部らしく豪華なメンバーが参戦。初日ドリーム戦は瓜生正義、2日目同は篠崎元志が1号艇で登場する。各選手期末最後のシリーズということもあり、勝負駆けが懸かる選手にとってはいつも以上に力が入る6日間。本紙注目はA2級勝負駆けの藤森陸斗。初のA級昇級を目指して全力を尽くす。

 藤森が初のA級昇級に挑む。現在勝率5・22での当地参戦。A2ボーダーを考えると優出ペースがノルマという厳しい勝負駆けになるが、もちろん戦う前に諦めるつもりはない。
 「前走地の住之江でだいぶ勝率を下げてしまったので黄信号です。でも福岡が残っていたので、チャンスは0%じゃない。強い選手は多いけど、ここで勝ちきれないようではA級に上がっても通用しない。いろいろな意味で試されるシリーズだと思います」
 デビュー当時から才能を高く評価されていたが、事故渦も重なり、思うような成長曲線を描くことができなかった。ようやく軌道に乗ったのは今年に入ってから。1月びわこで3回目の優出を決め、近況は舟券に絡む回数もグンと増えた。
 「スロー戦で1着が増えたのは自分でも少し成長できたかなと思う部分です」
 福岡は昨年4月に優出(6着)。パワー負けがない時は持ち味のスピード戦で積極的なレースを見せてくれる。持てる力をフルに出し尽くして壁を乗り越えたい。

 初日、2日目とドリーム戦が組まれている。ポイント的にもドリーム組が有利。初日ドリーム戦の1号艇は瓜生正義。今年は3月びわこで2年3カ月ぶりの優勝を決めると、続く住之江周年で連続Vと復調ぶりが目立つ。福岡はSG3勝を含めて実績あまたのドル箱水面。久々に強い瓜生の姿を待ち望んでいるファンも多い。
 一方、2日目ドリーム戦1号艇の篠崎仁志は得意水面で復調のきっかけをつかみたい。当地は現役最多の通算16V。近況の不振を振り払う活躍を見せてほしい。
 中辻崇人は今年に入ってすでに8優出4Vと充実ぶりが光る。前回3月の当地戦も新エンジンを伸び型に仕上げて、他の追随を許さなかった。
 新開航は昨年11月のとこなめ周年でGⅠウイナーの仲間入り。以前は捲り差しのイメージが強かったが、エンジンが仕上がった時はセンター枠から豪快に捲りを放つようになった。レーススタイルと水面がうまくかみ合えば面白い。
 他では渡辺浩司、松田大志郎、古沢光紀らも争覇圏内。

続きを表示

「マーメイドS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月24日のニュース