【奈良競輪開設73周年記念G3「春日賞争覇戦」2日目】脇本パワーで連勝(11R)

[ 2024年2月23日 05:30 ]

脇本
Photo By スポニチ

 奈良競輪開設73周年記念G3「春日賞争覇戦」初日の特選は前で受けた新山響平が赤板前から目イチの逃げ。8番手に置かれた脇本雄太が加速。外、外と回りながら力でねじ伏せた。新山の逃げに乗った守沢太志が好位有利に2着。脇本マークの三谷竜生が3着だった。中団の古性優作はかぶって仕掛けられず4着。今日は二次予選が行われる。注目11Rは特選を制した脇本が南修二を連れて連勝だ。12Rは仕切り直しの古性が三谷竜と決着だ。

脇本パワーで連勝(11R)

 <11R>初日の特選は新山が目イチで飛ばし脇本は8番手。それでも豪快にねじ伏せたパワーは見事。ここも展開を問わず力の違いを見せる。番手は仕事人・南の指定席。近況は好調をキープするだけに(5)(2)が近畿大本線。伊代野が3番手を固めて。雨谷は中団を取って先捲りが理想だが、乗る河野が伸びるケースは十分。佐々木堅次第で荻原も警戒。

 (1)雨谷一樹 思った以上にハイペースできつかった。明日の方が良くなるかな。自力、自在に戦います。
 (2)南修二 別に悪い感じはなかった。脇本君へ。
 (3)荻原尚人 ここは佐々木君マーク。
 (4)佐々木堅次 任されたので自力、自在に走ります。
 (5)脇本雄太 メンバー的に力ずくで行かないとレースをさせてもらえないと。突っ張るのは分かっていたので。行けるか行けないかは半信半疑だったが、乗り越えられた。自分で満足はしていないが、行く気持ちで踏み込めている。自力。
 (6)大木雅也 追走して余裕はありました。一走して問題はない。関東へ。
 (7)河野通孝 ここは雨谷君に任せます。
 (8)山本紳貴 北の後ろ。
 (9)伊代野貴照 近畿ラインの3番手ですね。

古性が本領の捲り(12R)

 <12R>特選の古性はかぶって力を出し切れなかった。ここは仕切り直しの一戦。他派の動きを見極めて一気に捲る。三谷竜がマーク。逆転勝ちは要注意。実戦良い格清に乗る嶋津の浮上や、川口聖の一発も警戒したい。

 (1)古性優作 力不足でした。難しかった。自力。
 (2)嶋津拓弥 道場君が頑張ってくれました。ずっと踏み上がっていたんで誰も来ないと。格清君の番手。
 (3)川口聖二 もう少し進みが欲しいが、前回よりはるかにいいです。自力。
 (4)鷲田幸司 気温が下がって重くなったんで、ライン3人で決めるのは難しい条件でした。三谷君。
 (5)菅原晃 瀬戸君へ。
 (6)瀬戸晋作 自力、自在。
 (7)三谷竜生 脇本君を信頼して付いて行っただけ。前回と感覚は違う。古性君。
 (8)格清洋介 少し重かったが、結構(車は)出たんで。自力で頑張ります。
 (9)西村光太 川口君。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年2月23日のニュース