×

桜&樫の2冠牝馬スターズオンアース、右前第1指骨を剥離骨折 2冠後骨折は父ドゥラメンテと同じ

[ 2022年5月28日 17:49 ]

スターズオンアース
Photo By スポニチ

 22日にオークスを制し、桜花賞との2冠制覇を達成したスターズオンアース(牝3=高柳瑞、父ドゥラメンテ)は右前第1指骨の剥離骨折が判明した。28日、社台レースホースが発表した。

 オークス後、25日に美浦トレセンから宮城県の山元トレセンに移動。リフレッシュを図り、ウオーキングマシンによる運動のみで調整していたが、28日になって右前脚の球節がむくんだことからレントゲン検査を受けたところ、剥離している骨片が確認された。

 レース中に故障した可能性が高く、いったん美浦トレセンに帰厩して6月1日に再検査を受ける予定。骨片摘出の必要があるケースなら、すぐに手術を受ける準備を進める。ただ、幸い軽症の部類としており、順調に回復すれば当初の予定通り、3冠制覇が懸かる秋華賞(10月16日、阪神芝2000メートル)に照準を合わせていく。

 15年皐月賞、日本ダービーを制して2冠馬に輝いた父ドゥラメンテも約1カ月後に両前脚の橈骨遠位端骨折が判明し、休養を強いられた。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月28日のニュース