×

【日本ダービー】(3)アスクビクターモア 陣営は仕上がりに自信「気配抜群!」

[ 2022年5月28日 05:30 ]

 弥生賞を勝っているアスクビクターモアは坂路を2本こなした。1本目は4F73秒1~1F17秒9、2本目は4F71秒3~1F17秒1。フォームを確認するように、ゆったり、どっしりと駆け上がった。高木助手は「気配としては抜群。調教で不安視するところは全くない。ここまで来たら、レースに向けてどうこうより、ケガなくレースに持っていくだけですね」と仕上がりに胸を張った。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月28日のニュース