×

【日本ダービー】3連覇狙う福永、6度目戴冠へ武豊、2週連続懸けルメール…18頭の騎手こう乗る

[ 2022年5月28日 05:30 ]

 (1)アスクワイルドモア 岩田望来

 いい追い切りができました。親子で出られるのもそうですがワクワク感があります。小さい頃から知っているオーナーの馬で出られるのがうれしいし、結果で応えたいです。

 (2)セイウンハーデス 幸英明
 絶好の枠に入ったのでレースはしやすいと思います。もまれると良くないがスタートは抜群に速いですからね。ごちゃついた展開にならなければ。(橋口師)

 (3)アスクビクターモア 田辺裕信
 2400メートルをこなせると信じて乗る。他馬の動き、隊列を踏まえて馬にストレスをかけない騎乗を。外の世界から入ってきたのでダービーの重みは他の人とは違う。自分は他のレースと同じ感覚で乗れるのでいいのかも。

 (4)マテンロウレオ 横山和生
 ダービーは一年で18人しか乗れないレース。声がかかったのはありがたいし、いろんな人の助けがないとそうならない。気分良く走ってもらうために、考えていきたい。

 (5)ピースオブエイト 藤岡佑介
 もまれる競馬も経験しているし、気持ちの強さもあるので(馬群を)割ってくる分には問題ない。割と気持ちが高ぶりやすい馬。頭数の多さとかスタンド前の発走とかは気をつけたい。

 (6)プラダリア 池添謙一
 皐月賞組と走っていないのでどれだけ力関係があるのか。挑んでいけるのが楽しみ。芝は今週からCコースに替わりコンディションも変わってくる。内枠が結果を出しているので内に越したことはない。

 (7)オニャンコポン 菅原明良
 我慢ができて瞬発力もある。自在性を生かせれば。中山より広い東京の方が乗りやすい。僕がやれることをしっかりとやってオニャンコの力を引き出したい。

 (8)ビーアストニッシド 和田竜二
 ゲートはいいので前めのポジションになると思う。Cコースに替わって先行有利の馬場になればいいですね。周りに馬がいると真面目に走り過ぎるところがあるので、ばらける展開になってくれれば。

 (9)ジャスティンパレス M・デムーロ
 前走は初めて乗ったけど、ジャンプするようなスタートだった。今回もゲートには気をつけたい。

 (10)マテンロウオリオン 横山典弘
 前走でダービーに使いたくなるような脚を使ってくれた。最終追い切りはジョッキーが「ダービーを意識した追い切りをしました」と言っていた。(昆師)

 (11)ジャスティンロック 松山弘平
 スタートの出はいい方じゃないですが、この枠なら周りを見ながら流れに乗れる。前走は内の悪い馬場でも気にせず脚を使ってくれた。後半は確実に脚を使ってくれるのが強みですね。(吉岡師)

 (12)ダノンベルーガ 川田将雅
 (1週前追い切りに騎乗し)乗っている感覚以上に、時計はだいぶ出ている。走る馬の特長ですから。無事に来られたことが何より。(皐月賞の1週前より)ダートでのキャンターの始まりの時の動きに弾みが出ている。いい変化ですね。

 (13)ドウデュース 武豊
 久々に大勢のお客さんが入りますけど、この馬に関してはそういう面で気を使わなくていいかなと思う。普段から非常に穏やかな馬。前走で距離に対する不安はなくなった。先頭でゴールを切ることしか考えていない。

 (14)デシエルト 岩田康誠
 前走はスタートでつまずいたのが痛かった。現状ではハナに行く形が理想だと思う。枠の内外より奇数か偶数かを気にしていたけど後入れの偶数で良かった。(安田隆師)

 (15)ジオグリフ 福永祐一
 自分の馬が(他の有力馬より)前で運ぶんじゃないか。近年のG1はトラックバイアスを味方につけないといけない。なかなか力だけで押し切るのは難しい。馬場は生き物。日替わりで傾向が変わるので見極めが大切。

 (16)キラーアビリティ 横山武史
 前走は内で包まれてごちゃついたので、この外枠はむしろ良かったかなと思います。さらに距離が延びるので折り合いが大事になりますね。(斉藤崇師)

 (17)ロードレゼル D・レーン
 1週前追い切りに乗ってイメージはつかめた。フットワークがいい。自信を持って競馬ができる。前走で結果を出しているし、距離とコースは心配ない。あとは相手関係。

 (18)イクイノックス C・ルメール
 もしジオグリフが前にいたらマークするが、他の馬も強い。一番大事なのはイクイノックス自身がリラックスできるかどうか。そこに集中したい。馬も左回りの方が慣れているからね。できればライバルを後ろから見て運びたい。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2022年5月28日のニュース