【チャンピオンズC】テーオーケインズ生産のヤナガワ牧場 こだわり配合結った

[ 2021年12月6日 05:30 ]

<中京11RチャンピオンズC>記念撮影に納まる松山(右から5人目)らテーオーケインズ関係者
Photo By 提供写真

 テーオーケインズを生産したヤナガワ牧場の梁川正普代表(51)はコパノリッキー、キタサンブラックといったG1ウイナーの生産者でもある。「このレースは何度も出走させてもらって勝つ難しさを分かっていたし、自分で配合を考えた馬でもあるので、うれしいですね」と喜びをかみしめる。

 現3歳3勝クラスの半妹テーオーラフィット(父リオンディーズ)は上村厩舎、現2歳の半弟にあたる新馬コパノオースティン(父コパノリッキー)は村山厩舎に在籍。母マキシムカフェは今年、種付けせず空胎で来年はテーオーケインズと同じくシニスターミニスターを種付けする予定だ。

続きを表示

この記事のフォト

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2021年12月6日のニュース