【菊花賞】(2)アサマノイタズラ 縁起いい2番枠、手塚師「距離損しない内枠はいい」

[ 2021年10月23日 05:30 ]

 アサマノイタズラはダートコースを1周してから坂路(4F72秒4)へ。手塚師は「前走より雰囲気がいい。体つきもシャープになっている。関西は初めてだから輸送がどうかだけど大丈夫だと思う」。調整は順調だ。セントライト記念と同じ2番枠からのスタート。「縁起がいい。距離に不安があるので距離損しない内枠はいい」と笑顔だった。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月23日のニュース