【菊花賞】(1)ワールドリバイバル あるぞ最内圧逃、陣営「春のいい頃に戻っている」

[ 2021年10月23日 05:30 ]

 ワールドリバイバルは坂路(4F62秒2)で調整。宇田助手は「元気いっぱい。春のいい頃に戻っている」と出来に太鼓判を押した。木曜発表の、調教後の馬体重は16キロ増。「カイバを食べているしプラスでも問題ない」。逃げ馬にとって絶好の最内枠。アッと言わせるか。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月23日のニュース